前へ
次へ

賃貸不動産の仲介手数料について

不動産会社を通じて賃貸物件を借りる契約を結んだ場合には、仲介手数料を支払う必要が生じます。この仲介手

more

不動産仲介手数料と契約解除の関係について

不動産会社に購入物件の仲介を依頼して成約に至った後になってから、契約が解除されてしまうことがあります

more

不動産屋に支払う仲介手数料は成功報酬です

不動産を売買するときに不動産屋に仲介を依頼すると、仲介手数料が発生します。これは売買がうまくいった場

more

不動産仲介手数料の支払い時期について

不動産仲介手数料は成功報酬主義が採用されていますので、契約締結時に支払うのが原則となっています。しかし、現実的な取り扱い方法は、仲介を依頼したのが売買契約なのか、それとも単なる賃貸借契約であるのかによって、微妙に異なってきます。賃貸借契約に比べると、売買契約で動く金額の方が圧倒的に大きいですし、移動する権利内容の重さにも違いがあります。その違いが、仲介手数料の支払い時期に如実に現れていると言うことができます。一般的に、賃貸借契約を結ぶ場合は、契約締結時に仲介手数料全額を一括で支払うようになっています。それに対して売買契約の場合は、契約締結時に半額を支払い、残りの半額は物件の引渡し時に支払うようにするケースが多いです。

東京で初めて住宅購入する方は専門家に相談しましょう
スタイルオブ東京では住宅購入やローン問題などお悩みや質問など、無料相談を受けることができます。

マンション大規模修繕設計

不動産の取得に対する取得税について

不動産取得税は、地方税法に基づき、売買・贈与で土地及び家屋である不動産を取得したとき、また新築・増築したときに都道府県が課税する地方税です。土地・家屋の不動産を取得した時に課される税金であり、その物件の所在する都道府県が課す道府県税・普通税であります、毎年課税される固定資産税と違って、その物件を取得した時に一度だけ課税される流通税で、不動産の取得時の利益に対して課されるものではなく、所有権の移転という事実が起こった場合に課税されるものであり、1日でも所有権の移転の事実が起こった場合には、課税の対象となります。所有権の移転を伴う契約が解除された場合でも、移転の事実が起こった場合は課税が起こります。

Page Top